週末に見た映画の感想 (ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間)

 今週はBSプレミアムで放送していた、ロード・オブ・ザ・リングの1作目を見ました。このシリーズは3作目の公開前にTVで2作目まで見て、3作目だけ映画館で見た記憶があります。当時は新都心のMOVIXがまだなくて大宮まで見に行ったような。面白かったという印象はあるんですが、なにぶん尺が長くて1回見たきりだったので新鮮な気持ちで楽しめました。

 このシリーズはまさにハイファンタジーという雰囲気が味わえてたまらないですね。終盤の盛り上がりもちゃんとあったし文句のつけようがなし。2のTV放送が1か月後なのを除けばw

 ピーター・ジャクソン監督の作品はリメイク版のキングコングも見てそれなりに楽しめたんですが、やっぱロード・オブ・ザ・リングのほうが面白いですね。キングコングはCGの出来が良くなったジュラシック・パークという印象だったのでw
 記憶ではもっとCGバリバリだと思ってたんですが、1作目では基本的に野外ロケ中心で、CGは魔法エフェクトなど必要最小限に使ってるなあという感じでした。2作目以降、大規模戦が増えてくるともっとCGが目立ってくるんでしょうが。

 TV放送の影響だとおもいますが、DVD版が人気再燃してますね。しかし、洋画で10年前の作品なのに未だにDVDは定価販売されているんですね。おそらく売れているのはマーケットプレイスの中古品だと思いますが。エクステンド版もありますが、ただでさえ長い作品なので初見は劇場版が無難だと思います。それでも3時間ちかくたっぷり楽しめますからw