『ファインディング・ニモ』『千と千尋の神隠し』 〜最近見たTV映画の感想

ファインディング・ニモ
 BS無料チャンネルのDlifeでやってたのを録画してた ファインディング・ニモ 見ました。本編見るまで スイミー みたいな話だと思ってましたw

 序盤はギャグが合わないくていまいちノレないんだけど、父親と息子が離れ離れになってお互いに再会するために封筒するという展開は王道ながらいいですね。
 見ていてどうにも既視感を覚えるなあと思っていたら、それもそのはず同じピクサートイ・ストーリー とほとんど同じ展開なんですよね。序盤のしっくりこなさも最後の感動も。それを言うと バグズ・ライフ も大体似たような感じだった気がw とはいえ、ピクサーはヒット率高いから安心して見られますね。中でも一番グッと来るのが ウォーリー なんですがね。まだ見てないのも何本かあるので、TVでやったら見ることにします。


千と千尋の神隠し
 昨日の金曜ロードショーで見ました。千と千尋の神隠し 観るたびに新しい発見があるなあ。と言いつつ、劇場公開時はジブリ作品にあんまり興味なかったんで見てなかったんですよね。DVDもスルーしてTVで最初にやったときに見たのが初めてだったかも。ここ最近は年1回ペースで放送されているので、その度に見なおしてますねえ。
 何度見ても冒頭の展開がよくわかりません。両親が店先の食い物を食べ始める前後がこの映画で一番不気味な感じなんですが、その前のアウディで山道ぶっ飛ばすシーンも若干狂気が入ってる気がします。というか豚になるまでの展開はちょっとネジがぶっ飛んでる感じがする。トンネルが異世界への入り口になっていたんだと思うんですが、実のところ冒頭から現実の出来事じゃないのかも。

 とまあ見るたびに違うところが気になるのが楽しいです。冒頭から続く若干重たい展開も薬湯の話あたりまででそれ以降はカオナシ、ハクと主要人物のエピソードをたどっていつの間にか終わっていたという感じですね。なんで両親の姿が豚の群れの中にないとわかったのかは未だによくわかりません。
 そのくらいの理解力なんですが、何度見て楽しめるから次に放送するときも見ちゃうだろうなあ。

 
 どっちもまだブルーレイ出てないんですね。ジブリもディズニー×ピクサーも旧作のブルーレイは順次進めてるみたいだからそのうち出るんでしょうけど。