いまさらだけどFF13始めました。

 FF13ニーアレプリカントと交換で友達から借りてたんだけど、何となくなやる気がしなくてずっと放置してたんだけど、友達がワゴンで買ったFF13-2がけっこう面白いと言っていたのをきっかけにやりたくなってきたという次第。ポケモンも区切りついたしドラクエ10はもうちょい先だから、それまでにクリアできるとは思わないけど合間埋めるのにちょうどいいかなと思って。


 実際にやってみた感想としては、最初から初めて一気に3章途中まで進める程度にはハマってます。夜中に3時間以上ぶっ通しで遊んでしまいましたw

 友だちが言ってたとおり戦闘のテンポがいいです。イージーモードでやってるからなおさらで、オートコマンドで遊んでいるとほぼ何も考えずゲージ見てるだけでいいうえに雑魚戦は先制取れば10秒かからないので、ほんとサクサク進みます。この戦闘のテンポの良さはペルソナ4に通じるものがありますね。
 フィールド移動も今のところほぼ一本道で迷うことがないし、行くべきところにマーカーが表示されるからほぼそれに従えばいいのも楽ちん。

 逆に悪い点は、カットシーンが挟まれる頻度が高いこと。1・2章は導入部分なうえに操作キャラがコロコロ切り替わるせいもあって、カットシーンが終わってちょっと歩いたらまたカットシーンという冗談みたいな場面もあります。1つ1つのカットシーンは短めで、映像のテンポはけっこういいだけにもったいないなあと。
 カットシーンの映像クオリティはさすがにハイレベルで見応えあるんですけどねえ。

 やる前はどうかなと思ってたけど遊んでみたら問題なかったのは、各キャラクターの描き方と専門用語の連発。発売前に公開されてたトレーラーだと「お前は何を言ってるんだ」みたいなシーンばっかりだったんですが、実際にゲームの流れで見るとまあ普通に受け入れられる展開だなあと。専門用語はたしかに多いんですが、ゲーム進行に応じて追加されるTIPSを見ながら遊べば十分に理解できる範囲ですね。用語解説をTIPSでやるのがいいとはあんまり思えませんがw


 今のところの全体的な感想としては、映像美に合わせて没入感の高い独自の世界観と、それにマッチしたゲームシステムを作ろうとした意気込みが感じられかなり好印象です。発売直後の評判があんまりよくなかったので気乗りがしなかったんですが、やってみないとわからんものだなあと。
 最後までやってみたら印象変わるかもしれませんがw