2016年夏アニメ(備忘録と簡単な感想)

 1作目のアニメ版は原作ゲームに手を出すきっかけになりました。放送中にゲーム終わらせて以降はら原作ファン視点で見てましたが、尺の都合で駆け足気味だったかな〜という印象。
 今回は原作チームが関わった新作にしてシリーズ完結編ということで、どう展開していくのかというところも含めて楽しみですね。
 どちらも1話が終わった時点では、キャラが把握出来てる絶望編のほうが面白いですね。

 ノリがまんま無印と一緒だから安心して見られます。キャラ配置も明らかに前シリーズの誰の役割がこの子というのがはっきりしていて、キャラの把握がしやすい。話の展開も3話までは完璧に前の1期目をなぞってますね。
 このまんま進んでいくのかガラッと変えてくるのかわかりませんが、ともかく見てて楽しいのがいいですね(*^_^*)

 漫画も読んでますが、原作の絵がそのまんま動いてるみたいでキャラがめっちゃ可愛かった。2話までだとまだほとんど話は動いてませんが、原作はお話も結構好きなのでそこも楽しみです。
 動画工房と今作の監督の座組は、『GJ部』『未確認で進行形』『プラスティックメモリーズ』とスタッフの面子的に信頼感のあるんで安心して楽しめそうです(*^_^*)

 絵が可愛いんで見始めましたが、予想どおりヒロインの子がいい感じで楽しいです。『月刊少女野崎くん』とキャラ配置似てますね。ヒロインの声一緒だし。

 どの話やるのかと思ったら、黄金時代篇の直後から。あんまり話覚えてないから新鮮な気持ちで楽しめそう。
 フルCGでやってるみたいなんですが、動きがヌルヌルしてるかな〜くらいであんま違和感ないですね。戦闘シーンは迫力ありそうなんで楽しみです。

 ゲームやってないんでアニメ組ですが、キャラの感じがすごい鍵っぽいなと。
 学園ものってことで『CLANNAD』みたいに最初は学園ものかな〜と思ってたんですが、3話の段階で既に能力系+謎部活ものになってました。やっぱ原作のシナリオ担当が違うんでかなり雰囲気も今までのKeyのゲームとは別物みたいですね。
 話はどうなるかわかりませんが、アニメは結構いい感じなんで最後まで楽しめるかな。

 今回は5分アニメ。2期目までの繋ぎっぽいですが、キャラ萌えと勢いだけで見られるんでむしろ楽しい。
 アニメとは関係ないけど、コミックアライブでやってるクリティクリスタの漫画が面白いんで単行本出たら買おうかな。